高根法律事務所 info@takane-law.com

お電話でのお問合わせはこちら 03-6226-5675
  • 事務所概要
  • 法人の方
  • 個人の方
  • 事務所ご案内
  • お問い合わせ

調停離婚

調停離婚は,家庭裁判所に調停を申し立てることにより行われます。
調停離婚は,協議離婚ができない場合,つまり,夫婦のいずれか一方が離婚に応じないときや,夫婦双方に離婚意思があるものの慰謝料や財産分与親権者など離婚の条件について合意できないときに行われます。
離婚調停の手続では家庭裁判所の調停委員2名(男性・女性1名ずつ)が間に入りそれぞれの意見を聞き,解決のための提案や調整をしてくれます。
調停中に夫婦が合意すると調停が成立し,調停離婚となります。
調停の段階で,代理人として弁護士に対応を委任することができます。
調停は,調停委員を間にはさんでの話し合いですから,必ず弁護士を代理人につけないとできないというわけではありません。基本的には,調停委員にご本人の口からご事情をご要望をお話ししていただけば,解決の力になってくれると思います。
しかし,調停のような場面ははじめてなので,何を話したらよいかわからないとか,不用意に話しをして不利な事態を招きたくないと,不安になっている方も多いと思います。
また,相手方に代理人として弁護士がついているようなケースでは,相手方に有利な条件に引きずられてしまうことがあります。
このような場合,弁護士が代理人となり,調停の席にも同席していれば,心強く安心して話し合いを進めることができるでしょう。

(弁護士費用)
着手金 20万円から50万円(消費税別)
報酬金 20万円から50万円(消費税別)
※当事務所で交渉を受任していた場合,その交渉段階の弁護士費用が考慮されます。